www.bb-beauty-korea.com

事故は、あなただけの事故と他の人に迷惑をかけた自動車での事故がございます。自損事故のケースでは、自分が事故の対応をすることで終了しますが、自分以外に迷惑をかけた事故はそれぞれにどの割合で誤りがあるのかを調べてこの結果によって車の修復費や示談金の額が決められるので、自動車の保険会社の担当者を交えながらのやり取りが欠かせません。大部分の事故の場合相手だけでなく自分にも落ち度がある状態が大多数で片方だけの過失を言及する時は少ないです。当然の事ですが信号が赤でも進んでしまったり一時停止を無視した等はかなり大きな落ち度になりますが、被害者側にも落ち度があると言われます。自動車事故の場合にはどの車の責任が原因かという判断がたいへん重要になってくるのでその判断をみんなに分かりやすく表した材料が《過失割合》となります。例として、赤信号無視や一時停止でもそのまま進んだ条件であれば、交通法のルール上事故を起こした側に完全な手落ちがあるように考えられますがこの場面で事故の原因になった車が前から近づいてきて自分の目で確認できる場面では被害者だったとしても注意不足があるとして1割りぐらいのミスが認められる場合もあります。言うならばその場合には事故を起こした方が9割自分1割の過失と決められミスが大きい方に大きな落ち度が問われたりします。また事故の過失割合はそれまでの自動車事故の判例を参考にして判断されることが時が多く日弁連交通事故相談センターから示されている過失割合認定基準表などが基準として用いられています。このような過失割合で、値が大きければ大きいほどミス、要するに損害賠償金も大きくなると判断されるので事故後の話し合いは事故に関わった人だけでなく車の保険の係りの方に加わってもらって慌てずにやり取りすることが重要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bb-beauty-korea.com All Rights Reserved.